SHiPLA技術

背景

家庭でもブラウン管のテレビに代わってプラズマテレビや液晶テレビが身近になり,薄型ディスプレイの時代になったことが実感されます。
当社の技術者たちもこれまでプラズマディスプレイを中心とした薄型ディスプレイの開発に携わってきましたが,さらに次の時代のディスプレイとして,薄いだけではなく,これまでにない超大画面で超リアルな映像表示,かつ軽くて曲げられる新しいディスプレイはないかと研究開発を続けてきました。

SF映画でおなじみの,空中や壁一面に突然相手の姿や風景が映し出され,会話を始めるような場面を想像して見てください。

ディスプレイの装置自体をほとんど意識させず映像だけをどこにでも大画面表示できる,このような空想の中だけの映像表現の世界を,私たちの開発した新方式ディスプレイで実現しようとしています。

 

≫次のページ 超大画面化における既存のディスプレイの課題

  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次のページ