プラズマチューブアレイ方式

ラフィー方式(LAFi:Luminous Array Film)の基本構造を下図に示します。
細長いガラス管内に放電が起こり蛍光体が発光する構造を作り,これを並べることで大きな画面を構成します。発光構造の構成要素である蛍光体,放電保護膜,放電ガスは全てガラスチューブの中に形成され,これをルミナスチューブと呼びます。ルミナスチューブは,赤・緑・青の三原色蛍光体を持つ3種類が作られ,三色(3本)一組で1つの画素を構成します。画像表示を制御し発光電力を供給するための電極が,薄いフィルム上に形成されます。このフィルム状の電極シートで,多数配列したルミナスチューブを挟み込んだものがラフィです。

この方式ではプラズマディスプレイと同様の発光原理を応用しており,自発光型の持つ明るくダイナミックな高精細映像表示,低消費電力という特長を引き継いでいます。さらに,軽量なガラス管やフィルム電極により得られる超薄型,超軽量など従来に無い新たな特長をを持っており,全く新しいディスプレイとして誕生しました。

ラフィー方式の特徴

100型を超える超大画面のディスプレイには,等身大・実物大表示ができる画面サイズだけでなく,広い視野角で明るく見やすい表示であると同時に,消費電力が低く環境への負荷が少ないという特長も要求されます。また,単に大画面ということだけでなく,画面のサイズと形状を自由にアレンジできるデザイン上の柔軟性,薄型軽量で運び易いサイズに分

割可能な構造を持つ設置容易性,運搬・設置・運用・保守を含めたトータルでの低コスト,等の特長が重要となってきます。 PDPは大画面を作るのに向いていますが,重量,運搬サイズ,薄さ,発熱などいくつかの課題があることも判ってきています。超大画面を目指す薄型ディスプレイの中で,ラフィーはこれらの特長を全て併せ持つディスプレイデバイスとして期待されています。

ラフィーは,発光素子をガラス管内に封止することで安定で長寿命という特長を持つと同時に,これを連結することでシームレスな画面分割構造を可能としています。また発光素子に電力を供給する構造として薄いフィルム状のシート電極を用いることで,フィルム型ディスプレイとしての超薄型軽量で曲面も可能という特長を併せ持つことを可能としています。

  • 前のページ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ